〒733-0822 広島市西区庚午中2-13-24  TEL(082)274-1211 FAX(082)274-0022
  土壌汚染・地下水汚染とは


 土壌地下水汚染とは「有害な物質が工場などから漏れて土の中へ入る」、「廃棄物が不当に土の中へ埋められて、雨などによって有害物質が周りの土に溶け出す」、「排気ガスや飛灰の中に含まれる有害な物質が土の表面に落ちてくる」などして、有害物質が土の中に蓄積され地下水が汚染される状態をいいます。


イメージ図

また、土壌汚染は次のような特徴があります。
@ 有害な物質が一旦土の中に入ると、水中や空気中と異なり移動しにくいため長い間留まりやすく、長期間汚染が続く。
A 人の健康や生活環境・生態系に長期間悪影響を及ぼす。
B 汚染範囲が局所的である。ただし、トリクロロエチレン・テトラクロロエチレン・ベンゼンなどの揮発性有機化合物は
 地下深くまで浸透しやすいため、地下水に溶け出し汚染が広がるおそれが大きい。また、揮発性が高いため地層中の空気
 を汚染し大気へ放出する恐れがある。
C 鉛・砒素・六価クロム・水銀・カドミウムなどの重金属は土の中ではあまり拡散しないため、留まりやすい。

人の健康へ影響を及ぼす可能性のある行為
@ 汚染された土が口に入ったり、直接皮膚に触れる。
A 汚染された土から有害な物質が溶け出した地下水を飲む。
B 土から大気に出た有害な物質を吸い込む。
C 汚染された土が雨などで川や海へ流出し、魚介類を汚染させ、それを食べる。
D 汚染された土の上で育てられた農畜産物を食べる。

生活環境・生態系への影響
@ 悪臭等による不快感。
A 飲用される地下水の油膜
B 農作物や飼料用植物の生育阻害。
C 生態系への影響。

土壌汚染はこうした様々な経路で人や生態系へ悪影響を及ぼす恐れがあります。

対象となる物質(特定有害物質)とその基準(指定基準)

土壌汚染対策法
 土壌汚染が最初に大きな社会問題となったのは、1968年に「イタイイタイ病」の存在が明らかになってからです。これを機に1970年「公害対策基本法」が改正され、公害の一つとして土壌汚染が追加されました。また、人の健康を行う恐れがある農畜産物の生産や農作物の生育阻害防止を目的とする「用地の土壌の汚染防止等に関する法律」が同年に制定されました。
 当時市街地での土壌汚染は、汚染原因・経路やその影響のメカニズムが明らかになっていませんでしたが、近年になって地下水の調査も充実し、土壌汚染の実態が徐々に明らかになり、平成15年2月15日には「
土壌汚染対策法」が施行されました。
 この法律は「土壌汚染の状況を把握し、人の健康被害を防止するための対策を実施」を目的とし、この法律によって有害物質を取り扱っていた工場を廃止する際や、土壌汚染の危険性が高く人の健康に被害を及ぼす恐れのある工場跡地などは、その土地の汚染状況を調査することになります。また、調査で土に含まれる有害物質の量、土から有害物質が溶け出す量が基準値を超えた場合は都道府県等がその土地を指定区域に指定し、台帳を作成して情報を公開することになります。

中国開発調査株式会社 〒733-0822 広島市西区庚午中2-13-24 TEL(082)274-1211 FAX(082)274-0022
Copyright(C) 2004 Cyukai. All Rights Reserved.